blog

【最も優れた時間管理とは?】やらない事を決めてシンプルに生きる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【最も優れた時間管理とは?】やらない事を決めてシンプルに生きる。

どうも。久しぶりの投稿になりますね。あなたの人生の質を向上させる男、takaです。今日も気楽にやってますか?

僕はというと前回の投稿でも言いましたが、ここ2か月間、新店舗の準備やらなんやらでかなり忙しい日々を過ごしており実際気楽にやれておりませんでした。(汗)

ですので、そんな僕と同じように忙しい毎日を送っているあなたなら、こんな悩みを抱えたことがあるんじゃないでしょうか?

「時間が足らねぇ」と。

これは僕と同じように様々な人が抱えている問題なのではないでしょうか?

かくいう僕も、この2か月間は特に時間に追われ期日に追われ毎日が忙しなく過ぎ去ってしまっていたのでした。(え?もう9月?って感じです)

そこで僕はこれはアカンと思い立ち、様々な文献を読んだり思考錯誤を繰り返し時間管理についての研究することにしたのでした。

そして、時間管理を研究することで今まで以上にもっとうまく時間をコントロール出来れば、仕事の質、いや、それどころか人生の質の向上にさえ大いにつながるのではないかと結論付けたのです。

したがって、この記事は人気の飲食店にするための重要な研究であるのと同時に、日々の忙しいあなたの生活の質の向上に活かして頂ける記事でもあると思います。

ですので是非、最後まで読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

まず大前提として、人生は有限です。

一週間は168時間です。これは誰にでも共通して等しく平等に与えられた時間なのです。逆に言えば168時間以上はないという事なんです。

結論から言うと、あれもこれもと手を出してしまうと一人で抱えられる時間は一週間で168時間しかない為、当然割り当てられた時間以上の事をしてしまうと、どこかで時間を節約したり中途半端になってしまったりしてしまうのです。

つまり、時間管理が出来ず、忙しくなってしまうのは、この容量(一週間で言うと168時間)を超えてしまって、それ以上にあれやこれやをしてしまっていることが原因なのです。

更に、時間が足らず忙しくしていると注意力が散漫になったりミスをしてしまったりして余計な時間がかかったりもするのです。

要するに、忙しければ忙しいほど2次的時間ロスが生じやすくなるという事なんです。

したがって、つまり、僕たちが効率よく生きるには今まで以上のシンプルさが必要になってくるということなんです。

あれもこれもやらなければ!と焦ってしまうと余計にストレスが溜まります。

焦らない人より、焦る人の方が2倍も虚血性心疾患が多いという事も分かっております。

何かを成し遂げる為には自分を追い込むことも必要ですが、焦ってばかりで、ただただ突き進んでいても人生の満足感は得られず、それどころか、もっともっとと高みを目指してしまう事で、いつか燃え尽きてしまい結局のところ時間のロスに繋がってしまうのです。

意識が散漫としてしまっては、結局、物事に集中できず前に進まないという事なのです。

やることリストを作るのではなく、やらないことを決めるリストを作る。

デル・コンピューターの創業者である、マイケル・デルはこうも言ってます。

することを決めるのは簡単である。しかし、難しいのはやらないことを決めることだ。

と。

つまり、あれもこれもと自分の割り当てられた容量以上にやっても、結局集中してできない為に能力が落ちてしまう。ということなのです。

要するに、逆に言えば時間を割いて集中することが出来れば自ずと能力が向上するということなのです。

時間の節約をすることも同じく能力の低下に繋がります。

一人でやる事には、やはり時間的に限界があるんです。

最新の時間管理とは?

時間管理の専門家、ローラー・ヴァンダーカム氏は、現代人の時間管理は根本的に間違っているといってます。

現代人は誰もが忙しく、もっと時間が欲しいと常に思っていて、その為大半の人は色々なところで時間を少しずつ節約して余った時間にやりたいことを回すことで時間を最大限に使うことが出来ると思っているようだ。でもその考えは間違っている。

と言ってます。

ローラー・ヴァンダーカム氏の主張するのは、時間を節約することによって生活を作るのではなく、自分の欲しい時間を先に作ることによって時間が自動的に管理されるというもの。

確かにおっしゃる通りで、時間単位でスケジュールを組んで一日を終えてもそれが本当に効率的だったかというとそうでない事の方が多い気がします。ですよね?

逆に柔軟にスケジュールの時間を調節できるように時間を組んだ方が効果的な一日になると感じます。

ローラーさんのおっしゃる通り、まず自分のやりたいことをやれるように優先順位をしっかりとスケジュール管理することが大事なんだという事です。

したがって、時間管理とは自分がどうなっていたいのか?という事なんです。

つまり、それは、自分のやりたい事と、やらない事を具体的に決めないと自分の時間管理は出来ないよ。という事なのです。

そもそも、なぜあれもこれもとやりたくなるのか?

それは過去の経験則から、「将来こんなことになるかもしれないぞ」だから、これが必要だ。それにはこれも必要だ。

「このままだと将来、とんでもないことになるかもしれないぞ」だから、これが必要だ。それにはこれも必要だ。

という発想から、今後自らが勝手に想像したネガティブなイメージの自分にならない為にはどうしたらいいのか?とあれもこれもと手を出してしまっている場合が考えられます。

または、人生の満足感が得られず何をしても満たされないから、次の瞬間に行けば何かがあるかもしれないと思ってしまう事で、あれもこれもと手を出してしまう焦りから来る発想の場合が考えられます。

そして、その根底にあるもの、それは

いつになれば、

どういう自分だったら、

どこに行けば、

何を手に入れれば、

「理想の自分になれるんだろう?どうしたら幸せになれるんだろう?」

という探求心によって、いつも何かを追い求めてしまう行動をしてしまう事によって際限のない悪戦苦闘の毎日になってしまうのです。

そして、ストレスを解消する為にする行動が、更にストレスを抱えてしまっている場合もあります。

このように、現代人は様々な情報が即座に手に入る為に余計なストレスを多く抱え過ぎてしまうことが多々あるのです。

更に情報過多によりネガティブな感情に拍車がかかり、またストレスが余計に溜まるというループにハマっている人もいるのです。

とまぁ。とにかく現代人にはストレスが多い世の中なのです。

その為、あれやこれやと色々なことに手を出してしまう。という事なんです。

今後は、やらない事を決めてシンプルに生きましょう。

上記の事から、僕たちはやることが多過ぎている結果、能力の低下やストレスにもつながっているんだという事がご理解いただけたと思います。

したがって、今後は、惰性でやってしまっている事や、やることリストの優先順位の低いモノから、ヤラナイと決めていくことが人生をシンプルにする為には必要になってくるという事なんです。

例えば僕の場合ですと・・・(汗)

  • Facebook、Twitterなど携帯を見てしまう事をやめる。(メールなどの情報も見る時間を決める)
  • テレビをやめる。(見る時間を決める)
  • 無駄な外食をやめる。(ブラック企業の飲食チェーン店に行かない)
  • 夜更かしをやめる。
  • 衝動買いをやめる。
  • 結局焦るだけのマルチタスクをやめる。(一つずつ正確に)

まぁこんなところでしょうかね・・・汗。

そして、このやめた時間を→やりたい時間に変えるという事なんですよね。箇条書きにしてみるとかなり無駄な時間を過ごしていることに、改めて焦りました。(汗)

わかっちゃいるけどやめられない。をどうにかせねば。こんな惰性的な生活ではアカンのや!

ということで僕は、とりあえず、いきなりですがこの全てを今からズドンとやめてみます!(出来るかしら?)

  • Facebook、Twitterなど携帯を見てしまう事をやめる。(メールなどの情報も見る時間を決める)
  • テレビをやめる。(見る時間を決める)
  • 無駄な外食をやめる。(ブラック企業の飲食チェーン店に行かない)
  • 夜更かしをやめる。
  • 衝動買いをやめる。
  • 結局焦るだけのマルチタスクをやめる。(一つずつ正確に)

今まで、様々な時間管理をしてきましたが、やらないことを決める。ということはしてこなかったので、実際今後どうなるか楽しみです。

間違いなく言えることは、今まで以上に人生がシンプルになるってことは確かなんです。

これぞ断捨離ですから。

そして、アメリカで最も著名なスピーカーの一人として知られ、実業家、ビジネスコンサルティングの権威としても知られるブライアン・トレーシーはこうも言ってます。

成功者の家にはたいてい大きな本棚があり、貧しい人の家にはたいてい大きなテレビがある。

と。

ハッキリ言って図星ですわ(汗)

スポンサーリンク

まとめ。断捨離。

  • やることリストよりも、やらないことリストの方が重要である。
  • 時間はみんな平等に有限なのだ。無限ではないという事。
  • 時間を節約するんじゃない。やりたいことを先に決めるのだ。
  • やらなければいけないというストレスを、やめるという決断をする事でストレスがなくなり、今まで以上にシンプルに生きることが可能になって幸せになれるという事。

断捨離とは

過去のしがらみを持ち運び、未来にもそれを大事に持ち運ぶことで勝手に想像を膨らませ苦悩するバカバカしい事。それを捨てること。

過去も、未来も、「今という今」には無いのに、それでも過去や未来の事ばかり考えてしまって苦悩するってバカバカしいですよね?

断捨離とはそのバカバカしいイマジネーションを捨てましょうね。ネガティブから離れましょうね。っていう意味なんです。

まず第一に、そんなネガティブなイマジネーションに惑わされていてはいつまでたっても前には進みませんからね。

過去と未来の恐れという無意味なモノなんて大事に持ってないでサッサと捨ててしまいましょうね。ってことなんです。

そして更に楽に生きる為には優先順位の低いことをやめること。惰性をやめることが必要なんだという事なんです。

最後に。

ということで、この記事を読んだあなたも是非、僕と一緒に断捨離を実践してみましょう!

大丈夫。きっと今よりずっと時間管理が上手くいくはずですよ。

関連記事:【副業で稼ぐなら投資だ!】最新!飲食という厳しい業界で生き残る為の方法!一年半かけてFXや株式投資をやってみた!!

関連記事:【知らないと大損】人気の飲食店にするための「最強の布陣」とは?

関連記事:【コンテンツマーケティング】飲食店の売上と集客を上げる6つの手順

関連記事:【売上UP】お客様の心を掴む6秒のチャンスに全てをかけろ!

関連記事:【幸せに働く】飲食店でよくあるストレスから簡単に解放される方法


またゼロポイントは、フェイスブックページと連動しております。

こちらからフェイスブック「Zero-pointすべての答えはゼロ地点にあった。」に飛んで「いいね」を押してフォローすると最新記事がUPされるようになります。

日本中の飲食店が元気になってほしいという思いから、一人でも多くの人にこの記事が行き届きましたら幸いです。

この記事が気に入ったという人だけでいいので是非フェイスブックページで「いいね」or「シェア」をお願いいたします。

励みになります。

taka

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください