blog

【知らないと大損】人気の飲食店にする為の「最強の布陣」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたが独立開業する時、人材をどういう布陣で考えてお挑みになるおつもりでしょうか?

今回のテーマは、どのようなお店であれ最低限の人件費でなければFLコストを圧迫し、経営自体が破たんする可能性が高まるよ!という、とても重要なテーマです。

今回は、そんな重要なテーマである人件費についてどう考えるのが良いのか?をテーマに記事にしました。

是非最後まで読んで参考にして頂ければ幸いです。

Qあなたはお店を開業する時、「料理人は何人でホールスタッフは何人」という形をどうやって決めるおつもりですか?

もし、この答えが間違っていると開業後に必ずピンチが訪れますよ。

スタッフの数や配置の決め方を適当にやると、開業後必ずピンチが訪れあなたを苦しめることになります。

それは、お店の規模にもよりますし業態によっても様々だと思いますが、より小さいお店を開業し売上に対する効果が最大になる一番いい形である陣形、布陣とはいかなるものなのか知っておかなければ、開業後にかなり大掛かりな修正をする事になるからです。

それはそれは想像を絶するかなりのエネルギーと費用が必要になってくるのです。ひどい場合は開業後半年程で、いきなりポシャる。っていう事にもなりかねません。

逆に最小資金で開業しスムーズに運営できる「最強の布陣」で最初っから開業すれば、この厳しい飲食の業界で生き残る可能性が爆上がりする。ということなのです。

とは言うものの、最小資金で人気の飲食店を開業する為には、まず人材募集にかかわる費用はケチってはいけません。

ケチってしまうと、先ほどから申し上げている通り、後で余計に費用が重なり更に苦しむことになり大損をすることになりますからね。それは、開業時に心理的逆境を知らないとヤバい事になるゾ!その2で詳しく書いてあります。是非参考にしてくださいね。

人材の募集は投資を最小にする為の先行投資です。

出来る限り募集費にお金を回し、より適した人材を採用しましょう。

まず先手を取るという事です。

ということで、お店を開業する時の最初の布陣がいかに大事な局面なのかご理解いただけましたでしょうか?

スポンサーリンク

それでは今回のテーマ「最強の布陣」とは、どのような布陣なのか?

今回ご紹介する「最強の布陣」とは?

結論から申し上げますと、最小の資金でお店を開業する際に最も必要な陣形、布陣は、最低でも4~5人という形でなければいけない。という事が言いたいのです。

なぜ1名ではないのか?なぜ4~5名なのか?

それは、この後説明しますが、お店を少しでも長く継続させ、更に売り上げを確実に伸ばしていく為には小さなお店であっても最低この人数は確実に必要になってくるよ。という事です。

ですので、まず始めに人気の飲食店を開業する為には、最低でも何人以上必要で人件費をどういう形にするのがベストなのか?を知らなければいけません。

まずはここから考えていきましょう。

戦に出る前に理想的な布陣とは、どういった布陣なのか?

まずはどのようなスタッフを何人集めればコンパクト&最大の力を発揮できるか考えてみましょう!

①:あなただけでやる「一騎駆けパターン」

これは確実に無理が来るのでお止めになる事を推奨します。

早死にしたい方はどうぞご自由に。

②:あなたと友達。出資も仲良し2分割「ブラザーパターン」

これは一見良いパターンに思えますが。一番アカンやつです。

気の合ったモノ同志、助け合っていけると思っていたら大間違い。

最初は良くてもいつか類似した手法が2つある状態となり、その後必ず敵対し、それぞれが「こちらの方が正しい」と主張することになり分裂します。

そして、お金のことで確実に揉めますので、このパターンはお止めになる事を強く推奨します。

確固たる師弟関係や信頼関係(双子の兄弟とか)があれば可。だけど弟の方はいつか絶対羽ばたいてゆきます。

だってずっと下っ端は嫌じゃん

③:あなた、友達、料理人の全員友達の「サークル活動延長パターン」

これはまずまずの布陣かもしれない・・・

3人が揉めることなくやるには、あなたが一番割の合わない仕事と一番安いギャラであるなら可能性はあるかもしれない。が厳しいであろうことは間違いない。

それは料理人が一人だけ別の仕事をしているからです。

その人しか出来ない仕事を与えることは、この少人数制では主導権を握られることになり危険です。

つまり主導権を握られることで結果的にコントロールが出来ない状況が必ず訪れ分裂する可能性が高まりますので、こちらもお止めになる事を推奨します。

基本的に友達同士は仲良しこよしで数字に関することを真面目に話せないのでお止めになる事を推奨します。

友達同士の仲良しこよしは、現実を向き合う事が難しいため将来確実にお金のことで揉めます。

④:仲良しこよしのサークル活動延長パターンではなく、あなたとホールスタッフ1名、料理人1名と言う図式。で、いつかこの二人に任せて自分は遊んで暮らそうと目論んでいるパターン。

言い換えると、少人数のお店のくせに、「俺は経営者で偉いんだぞ」という痛いパターンです。

これも圧倒的なカリスマ性がなければ厳しい。そもそもそんな事を目論んでいるようではアカン。

運よく目論見通りになっても、いつか②と③のダブルパターンになりポシャる。

⑤:あなた、料理人2名、ホールスタッフ1名の4名の理想的パターン。

まさにこのパターンが特定の仕事を与えないという面では理想的と言えますがFLコストの面からみるとかなり厳しいことはこの後ご説明します。

従って②と③を考慮した結果から考えると常時店舗内に3名以上の人間がいないとポシャるという事になります。

そこで考えなければいけないのは常時3名以上4名以下にするには何人のスタッフが必要か?という事です。

そして、最小の店舗を開業する時は、その人にしか出来ない仕事(主導権を)を与えないようにすることが必要になってくるのです。それは料理を作る人を固定しない。接客をする人を固定しない。という考え。に至るのです。

つまり、全員が全員の仕事が出来る状態。でなおかつ常時3名から4名のスタッフが店内にいることが理想的な布陣となるのです。

という事は、あなたが料理(もしくは接客)が出来ないとアカンという事になりますよね?

これは強制的に料理人をやりなさいよ。ホールスタッフをやりなさいよ。という無理やりな押しつけではありません。

そうではなく、そもそもの話、あなたが嬉々として朗々として何でも出来なければいけないという事ですからね。

いるんですよね~「俺は絶対に料理(接客)以外はしない」っていう頑固なヤツ。こういう人と上手くやっていく方法はないですので最初っから関わらないようにしましょうね。

この後説明しますが、イヤイヤやっているようじゃ人気店にはなりませんからね。

人気の飲食店にしたいなら、そこに決意しなきゃアカンのです。

「全部自分がやるんだ!」という決意です。

極端な話かも知れませんが、いざという時に何でもやれるようにしておく必要があるという事は覚えておいてください。

そして考え出された理想的な布陣がコレ。

⑥:料理人で接客もやる「あなた」と「もう一人」(友達不可)「4名のアルバイト」のパターン。

(アルバイトも料理、接客両方やってもらう条件で採用します)

アルバイトは週3回~5回で毎日必ず1名から2名は出勤するようにシフトを組む。

そうすると平日3~4名、祝前日5名という布陣が出来上がりました。

これの何が凄いかって?それは、全員同じ仕事が出来るということです!

つまり全員が接客に回ることが出来るということなのです!

それはつまり、少人数で最大の超攻撃的な接客が出来るということになるのです。

それは、とどのつまり、一番売上に繋がりやすい陣形が組めるという事です!

ちなみに、ダンバー数で有名なイギリスの人類学者ロビン・ダンバーは多くの民俗学的研究をもとに様々なグループを研究する中で同じ規模の集団が繰り返し登場するところから、それを「親密さの集まり」と称し、

「社会集団(クリーク):最も親しい友達やパートナーの人数5人

「シンパシー・グループ:ほぼどんな状況下でも心から信頼できる人の数12人から15人」

「一団(バンド):危険な国を安全に往来できる小さな団体50人」に分類しています。

というダンバー数からも、4名~5名のチームの団結力が一番強いという事が立証されております。

でも知らない人ばかりで、孤独や不安を感じるじゃないか!というそこのあなたへ!

安心してください。

 

大丈夫ですよ。

 

私の経験上こっちの方がチームとしての信頼関係を築くのが手っ取り早いです。

(どうしても一人は嫌と言うなら、ほんとーーに信頼関係が築けている絶対裏切らない仲間なら、あまりおススメしませんがOKです)

こうすることで、あなたが「明るく、元気、素直、立ち向かう」という波紋の原点になりイニシアチブを握ることが出来るのです。

大丈夫。

すぐに効果が表れ、チームが一致団結しますから。

だってこの布陣は、一言でいうと・・・

 

・・・・・・

 

どんな布陣だと思いますか?

そうですね。

この布陣に名前を付けるとしたら・・・

 

そう・・・

 

それは、

 

 

 

 

 

 

笑顔の布陣。

と名付けてもいいのではないでしょうか?

ですよね?

ですので、この布陣は笑顔が一番溢れる布陣なんです!

色々ややこしく書いてきましたが、結果的に何が言いたいかと申しますと・・・

笑顔のないチームは絶対にうまくいきません。

という事が言いたかったのです!!

このチームなら、ギクシャクしてイライラすることがかなり軽減できるはずです。

ですので笑顔が少しでも増える、増えやすい布陣は全員同じ仕事が出来る社員2名、アルバイト4名以上の常時店内に3名から4名いるチーム。となるのです。

だから大丈夫。

この布陣があれば、きっとどんなことがあっても大丈夫。

笑顔。

それは人気の飲食店になる為の始まりの合図なのだから・・・

まとめ。最強の布陣とは・・・

人気の飲食店を最小の資金で開業をしようと考えている場合、最低4名は必要という事。少なすぎると、必ずピンチが訪れるという事。

いつも笑顔の絶えない最小のチームを作ることが、人気の飲食店には必要不可欠だという事。

開業する時に、間違えてしまうと結果的に大損をすることになるという事。また逆に、開業時に最大限の資金を投じ良い人材を確保できれば確実に生き残る確率が爆上がりするという事。

ということで、もし、あなたが今後お店を開業するという時はこの記事を思い出してミスのない布陣にしましょうね。

 

 

関連記事

【副業で稼ぐなら投資だ!】最新!飲食という厳しい業界で生き残る為の方法!一年半かけてFXや株式投資をやってみた!!

しなやかな信念とは。。。

面接の極意

zeropoint←ブログ全記事はこちら。


まぁ、気楽にいきましょうね。

励みになりますので、この記事が気に入れば「いいね」or「シェア」をお願いいたします。

taka

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る