blog

【売上UP】お客様の心を掴む6秒のチャンスに全てをかけろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お客様の心を掴む6秒のチャンスに全てをかけろ!とは?

どうも、あなたの人生の質の向上にすべてをかける漢。takaです。

今回は簡単に言うと人が初めて人に接したときに感じる印象はとても大事だよ。という内容の記事となっております。

この記事の内容は、間接的にではありますがお店の売上を大きく伸ばす方法ですので是非最後まで読んで、あなたのお店の利益に繋げて頂ければ幸いです。

心理学用語で、初頭効果という言葉があるんですけど、ご存知ですか?

初頭効果とは

最初に示された特性が印象に残りやすく、その後の評価に大きな影響を与えることを心理学用語で初頭効果といいます。

つまり、第一印象でさわやかな印象だとその後に起こる印象が多少悪い印象でもある程度は良いイメージになるという事です。

例えばこういう順番だと、どう感じますか?

Aさん:知的で→勤勉で→衝動的で→批判的で→頑固で→嫉妬深い人

Bさん:嫉妬深くて→頑固で→批判的で→衝動的で→勤勉で→知的な人

同じ特性を持った人でも、第一印象を変えるとかなり違った印象になったと思います。コレを初頭効果というのです。

したがって、最初の印象、第一印象はとても大事なんだよ。という事なんです。ご理解いただけましたでしょうか?

そして人が第一印象を決めるまでの時間は最短で6秒という事が様々な研究で明らかになっています。

6秒ですよ!

たったの6秒の印象で人のほとんどを決められちゃうんですよ!まいっちゃいますよね(汗)

スポンサーリンク

第一印象が良いと結果的に何に繋がるのか?

そのたった6秒でその後の展開が大きく変わってしまうということは、その重要な起点になるのが第一印象なのだという事です。

従って、最初の6秒というのは、次に繋げていくための最初の一歩という事なのです。

つまりプラスに捉えるなら、最初の掴みがOKならその後の展開が上手く運びやすくなるという事が言えるのです。

それすなわち満足度が高まるという事。それは、結果的に売上に繋がるという事なのです。

お客様が入り口のドアを開けてからの6秒間。あなたは何をしてますか?

ボーっとしている場合ではありませんよ!答えは挨拶なのですから。

つまりお客様がドアを開けた瞬間から6秒以内に最高の挨拶をすると第一印象をグッと上げることが出来るということなんです。

それが結果として売上に繋がりますよ。という事なので、挨拶はとても大事なんだという事です。

また逆に、最初の印象で失敗すると挽回するのにかなりのエネルギーがいることはあなたも経験されたことがあるかと思います。

ですので、飲食店をやっていく上で挨拶というのは、全てをかけてでも取り組む必要がある。ということなのです。

挨拶をなめたらアカンという事なのです。

全てをかけて取り組む挨拶とは?

最高の挨拶を100%出来てますか?

あなたのお店のスタッフは、全てのお客様に100%の気持ちと言葉でまごころのある挨拶が出来ていますか?

毎日何回も言う言葉です。流れ作業になっていませんか?

テキトーになっていませんか?

ルーティンワークこそ、毎日見直す必要があるんですよ。

なぜならルーティンワークは、日々劣化していくからです。人は楽をしたくなる生き物ですからね。

ですので、毎日何回も言うセリフだからこそ大事に心を込めて言わなければいけないのです。

それは、お客様は当然のことですが、スタッフ同士でもめっちゃ大事なことなんですよ。

なぜ大事なのかは、この記事を最後まで読んで頂ければご理解いただけるはずです。

挨拶といっても色々ありますが、特に重要なのが最初の挨拶です。

まず最初の挨拶と言えば「いらっしゃいませ、こんにちは(こんばんわ)」だと思いますか?

いいえ、違いますよ。むしろお客様の顔を見た瞬間の

「あ!」

なんです。大事なのは。

お客様を発見した瞬間の「あ!」から挨拶は始まっているんですよ。

まずはドアが開いた瞬間から6秒以内に。この「あ!」という挨拶に全てをかけているか?なんですよね。

そして、この「あ!」には色々な感情が含まれています。

久しぶりの「あ!」なのか、初めて来てくれた嬉しさの「あ!」なのか、常連様に対する「あ!」なのか?etc・・・

ですので、まず、ドアが開いた瞬間、お客様と目が合った瞬間にその人に合った「あ!」を言えるようにならなければいけないのです!

これをあなたも含めスタッフ全員でマニュアル化してやるようにすると流れ作業的な、あの「ィラッシャィマセェー」はスグになくなります。

最初の「あ!」にすべてをかけてやってみるとその後の展開が必ず変わります。

では、その後の「いらっしゃいませ」は?

最高の「いらっしゃいませ」は、どんな風に言いますか?

感覚としては、たまたま10年振りに親友に会ったときの表情がいいんじゃないかと思います。

そんな、うれしい感覚で「いらっしゃいませ」と言ってみてください。

お客様も同じ感覚になるはずですよ。感情は伝わりますからね。

そして2回目以降のお客様に効果的なのは、「あ!」の後すぐに〇〇さんと名前をつなげられると最高です。

「あ!」と驚きとともに会えて嬉しいという表情をしてからの

「〇〇さん!いらっしゃいませ!こんばんわぁ。2か月ぶりじゃないですか~お元気でしたか?」

コレです。

簡単そうに見えて実はコレ、すごく難しいんですよ。まず名前を間違えたら終わりですし前回いらした時を間違えても終わりです(汗)

ですので、最初は確実に覚えている人から実践していってくださいね(笑)

この感じでいらっしゃったすべてのお客様に全てのスタッフが100%でコレをやるにはなかなか難しいことだとは思います。

よって第一印象を良くする方法は、スタッフ全員が具体的かつ効率的に知る必要がある。ということなのです。

下記説明の「メラビアンの法則」という概念を理解すると効率的に第一印象を良くすることが出来ます。

スポンサーリンク

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは

カリフォルニア大学の心理学名誉教授アルバート・メラビアンがコミュニケーションの際、話している内容と声のトーンや態度に矛盾があった時、人はどんな受け止め方をするのか?という研究をして法則化したものです。

  • 視覚情報55%
  • 聴覚情報38%
  • 言語情報7%

人はこの3つの情報を受けて第一印象を決めているという事です。

この割合を見ると、話している内容よりも見た目や声の調子の方が重要だという事が分かります。

そして全てが一致していないと視覚情報に頼ってしまうという事もこの研究でわかったそうです。

つまり見た目、声、内容を一致させないと伝える力がUPしませんよ。という事なのです。

逆に言えば見た目、声、内容を区切って考えることで改善点を把握し聞き手側の印象を良くすることが出来るという事なのです。

挨拶はちゃんとしている人ほど見ています。

まず初頭効果から第一印象でしっかり挨拶が出来ると、このお店はちゃんとしているんだなと思って頂けます。

当たり前ですが、真面目なお客様、成功しているお客様ほど挨拶について敏感です。

なぜなら、「挨拶をしましょうね」と言っている(教育している)人はリーダが多いからです。

つまり経営者などのトップ(リーダー)の人ほど他人の挨拶を見ているという事なのです。(自分で言っているという事は、他人の言っていることも気になるからです。)

挨拶に敏感な人、そういう人に気に入られるお店って、どういう結果が付いてくるのかは想像にたやすいと思います。

だからこそ、挨拶が大事なんです。

むしろ、飲食店における最初の挨拶はサービスや料理よりも大事なんだと言っても過言ではありません。

だからこそ、だからこそ、最初の挨拶の6秒に全てをかける必要があるのです。

僕のお店はどうかというと。

僕のマネジメントしているお店は、必ず「あ!」はうれしい表情で言いますし練習もします。ハッキリ言ってコレだけにかけていますからね(汗)

「いらっしゃいませ」もすぐにこちらからお客様のところへ行き笑顔で挨拶します。新規客の場合は、もう絶対です。優先順位1位と言っても過言ではありません。

それでもスタッフ全員が100%やっているかというと、まだまだですが、なんとか全員が挨拶しようとは心に留めております。

そうすると、お客様はご来店後何分間かで全てのスタッフが替わる代わる挨拶に来ることになるのです。

それは確実に気分が良いはずです。

当時マニュアル化してなかったときは、こういう風に意識して必死になってまでやってませんでした。

まぁいいか。があった。今日はいいか。があったかもしれません。そんな中途半端では、そりゃ結果に繋がらないはずなんです。

でも、これを徹底してやるようにしてからは明らかにお客様の反応が良くなり来店後すぐにお客様の心をグッと掴むことが出来るようになりましたね。

その効果は絶大で様々な面で明らかな数値の差が出たことで、結果的に売上という数値が証拠という形で示されたということです。

挨拶できない人はアファメーションで変わろう!

アファメーションとは

一言でいうと、肯定的な自己宣言をする。ということです。

ポジティブな言葉を自分に語りかけ、行動と人生に好ましい変化を起こすテクニック。それがアファメーションなのです。

普段何気なしに頭の中で考えている思考は、ほとんどがネガティブなことで、それは常に自分に語り掛けてしまっているのです。

ネガティブな人は特にマイナスの言葉を毎日のように自分自身に言い聞かせてしまっているのです。

「自分にはできない」「自分はダメな奴だ」と。

そういう考えを10年、20年続けたらどうなるでしょうか?

また逆にポジティブな言葉を10年、20年続けて自分に語りかけたら、どうでしょうか?答えは明らかなんです。

でも、気が付くとマイナス思考になってしまう・・・わかっちゃいるけどやめられない・・・

ですので、そうならないようにこのポジティブ宣言を意図的にやるように癖をつけていこうね。というのがアファメーションなのであります。

マザーテレサはこうも言ってます。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、

 

それはいつか運命になるから・・・

 

と。

・・・仰る通りですよね。

そうなんです。頭の中のネガティブが良くない事は明らかなんです。

効果的なアファメーションとは

「~しています」とすでに達成しているかのように自分に言葉を出して表現するのです。

例えば、「私は、すでに笑顔で誰とでも挨拶が出来ます」と。

ミーティングでみんなで言うのがいいでしょう。

7つのポイント

  1. 宣言は必ず現在形で言う
  2. ポジティブな事を宣言する
  3. 宣言は短い方が効果的
  4. 自分に合った宣言をすること
  5. 新しいものを創り出していると意識する
  6. 自分の感情と矛盾することは宣言しない
  7. 宣言する内容を心から信じる

このように毎日宣言するのです。そうすると脳の中の思考が変わりだします。

ほんとですよ。

是非試してみてくださいね。

挨拶が出来るようになるには

まずは自分がかぶっている仮面(ペルソナ)を変える必要があります。

自分はこういう人間だからこういう挨拶しか出来ない。となってしまっている性格を変える必要があるのです。

そこで実際に見た目を明るい感じに(ペルソナ)を変えることと、アファメーションを使ってダブルで思考を変えていくのです。

男性なら服装、髪型。女性なら明るいメイクにするだけでも効果が表れるはずです。

それから、常に笑顔で誰にでも挨拶できる自分になっているという、自己暗示をかけ続けるのです。

笑顔の素敵なタレントを思い浮かべて自分もこうなんだと決めつけるアファメーションもいいでしょう。

マザーテレサが言ったように思考を変えるのです。

毎朝のミーティングに取り入れてもいいでしょう。

そして、あなたが率先してアファメーションをやれば、最初は違和感があるかもしれませんが自然と笑顔で誰にでも挨拶ができるチームになっていくはずです。

そうなんです!スタッフ全員で挨拶に全てをかけるのです!

運命は自分で変えるのです。この思考法で自ら運命を切り開くのです!

まとめ。全てのお客様に挨拶しよう!

全てのお客様に100%の挨拶をやってみましょう!

僕のお店がそうだったように、必ず結果が違ってくるはずです。

全てのお客様に100%の挨拶は物理的に出来ないかもしれません。でも、やろうとする気持ちが大事なんです。

その気持ち、お客様をおもてなししようというあなたの気持ち、言動は必ずお客様の心に届きます。

最初の6秒に必死になるのです。まごころを込めて全てのお客様にやろうという必死なあなたに、チャンスが来ないはずはないでしょう?

だから、最初の6秒に全てをかけることが超大事なんです。

最初の6秒で高められたお客様の満足度は、結果的に数字に繋がってくるという事なんです。

 

つまり、あなたは、あなたの運命を変える力を持っている。ということなのです!

 

大丈夫。きっとうまくいきますよ。

関連記事:【副業で稼ぐなら投資だ!】最新!飲食という厳しい業界で生き残る為の方法!一年半かけてFXや株式投資をやってみた!!

関連記事:【リーダーシップ】ピグマリオン効果で飲食店のチームワークを良くする方法。

関連記事:【思考法】頭の中の「3人のお喋り」に振り回されなくなる方法。

takaのおススメの本です。是非チェックしてみてくださいね☟


またゼロポイントは、フェイスブックページと連動しております。

こちらからフェイスブック「Zero-pointすべての答えはゼロ地点にあった。」に飛んで「いいね」を押してフォローすると最新記事がUPされるようになります。

励みになりますので是非フェイスブックページの「いいね」をお願いいたしますぅ。

taka

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください