blog

【リーダーシップ】部下やスタッフのやる気を引き出す方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リーダーシップ】部下やスタッフのやる気を引き出す方法。

今回は、部下やスタッフのやる気を引き出す方法について研究していきたいと思います。

その前に、そもそもの話、このサイトでリーダー、リーダーって言ってリーダーシップを発揮しないとヤバい事になりますよとか言ってますけど、あなたはこのリーダーって誰の事かご存知でしょうか?

それは、どこか遠くのあなたに関係のない人の話ではありませんよ。

リーダーとは、あなたの事なんですから。

だって、誰しもがリーダーですよね?

え?私はリーダーじゃないって?

いいえ。あなたはリーダーです。

あなたがリーダーでないとすれば、あなたの人生のリーダーは一体誰でしょうか?少し考えたら理解できるはずですよ。

あなたの人生は、だれかにリーダーシップをとってもらう人生ではありませんよ。あなたの人生のリーダーは、あなたなんですから。

だから、あなたの人生をより良い人生にするには、あなたのリーダーシップが絶対に必要なんです。

でも、そのリーダーシップを発揮しなければいけないときに、どうしてもやる気が出ない時ってありますよね。

そして、実際その時、やる気が出なかったら、あなたの人生はどうなるのでしょうか?

ですので、いざという時にこの「やる気を出す方法」を知っておけば、いつか必ずあなたの役に立つはずです。

今回の記事は、そんな、どうしてもやる気のない時に対処する方法を紹介します。また自分はやる気があるのにチーム全体がやる気がない時にも応用出来る方法です。

是非最後までこの記事を読んで頂き、あなたのリーダーシップに役立てて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

なぜ、やる気が出ないのか?そのメカニズムとは。

事実。姿勢や声、カラダが先で、その後、脳がやる気になっているんです。

やる気の出ないとき、それは、もしかしたら、姿勢が悪く声が小さくなっているのではありませんか?もしかしたら、ダラダラと寝転んでいませんか?

実は本当は、カラダが脳に指示を与えているんです。知ってましたか?

よくよく考えてもみて下さい。ガックリ肩を落として、しょんぼりした顔で、スキップしながらガッツポーズって出来ますか?できませんよね?

眠いけど、体を起こしたら目が覚めませんか?眠いから体が起きないんじゃなくて。体を動かさないから目が覚めないのです。

ですから、体か先、脳が後なんですよ。

掃除がめんどくさいから掃除をしないのではなく、本当は逆で、掃除をしないから、脳がめんどくさくて掃除が出来ない。となるんです。

人がやる気になる方法は実は簡単で、実際に体を動かし始めちゃいさえすれば、自ずとやる気が出るという事なんです。

めんどくさかったけど、体を動かしてやり始めたら夢中になってしまう事ってないですか?

したがって、やる気を出すには、まずは体を動かすことが先なんだという事です。

笑顔も楽しいから笑顔になるんじゃなくて、笑顔になるから気持ちが楽しくなるのです。

この記事:【瞑想】イメージと現実を区別できない脳の構造を利用して健康になる方法とは?でも言ったように、脳の構造を利用して、強制的にまずは、やる気にするんです。

クリエイティブな仕事をする場合、途中で報酬を上げると逆に結果が悪くなる。

プリンストン大学のサム・グラックスバーグという科学者が、行った実験を紹介します。

テーブルの上にろうそくとマッチ、箱に入った画鋲が置かれてます。

被験者には「ろうそくを壁に付けるにはどうしたらいいか?」という課題を与え、二つのグループに分けます。

片方のグループには成功したら5ドルあげるよ。と言っておく。

さて、先に解決したのはどちらでしょうか?

実は、報酬の貰えない方が先に解決したのでした。

問題の答えは、箱の中にある画びょうを出して、その箱をろうそく台として壁に取り付ける。でした。

この問題を解決するにはクリエイティブな発想が必要だったのですが、報酬を途中でチラつかされたグループの方は逆に発想に制限がかかってしまい解決するのに時間がかかってしまったんです。

これは心理学用語でアンダーマイニング効果とも言います。

アンダーマイニング効果とは、内的動機付けによって行われた行為に対して、報酬を与えるなどの外的動機付けを行う事で、動機づけが低減する現象のことです。

例えば、好きでしていた仕事に対して途中で報酬を与えると、その後は報酬なしではやらなくなってしまうのです。

しかし、また逆に報酬を与えた方が早い結果を出す場合もあります。

それは、答えが簡単な単純作業を与えた時です。

つまり、問題が想像力を使った単純作業でない場合、自分の課題として取り組む方が、報酬のために働くよりも効率的だという事なのです。

飲食店での仕事は、クリエイティブな仕事が多いですよね?ということは、したがって途中で報酬をチラつかせてはいけないという事なのです。

成功したときのみ報酬を与えることが正解なんです。

そもそも、報酬をチラつかせるやり方は際限がなくなるので、最初からヤラナイ方がいいです。

かのGoogle社では勤務時間の20%は何をしても良いという時間があるそうです。

そして、驚きなのが、そのほとんどのヒット商品はその20%の時間に出来ているという事なのです。

つまり、報酬ではなく、自由な時間を与えることでスタッフの自主性がやる気に繋がり、いい結果が出ているという事なんです。

要するに、複雑なクリエイティブな仕事をやる場合には、自主性を出せるようにした環境を作る方が、報酬をチラつかせるより良い結果が出るという事なのです。

もしかしたら、スタッフの能力ややる気を制限してしまっているのはお店の方針が原因なのかもしれません。一度チェックをする必要があるかもしれませんね。

部下を信頼して、任せる。これ大事なことなんです。

この記事☟も参考になると思います。

関連記事:【リーダーシップ】ピグマリオン効果で飲食店のチームワークを良くする方法。

スポンサーリンク

優れたリーダーはどうやって人の行動を促すのか?

TEDで話題になったサイモン・シネックはこうも言っております。

多くの企業は

  • 1・WHAT→こんな製品を作りました。
  • 2・HOW→こんな風に使うことが出来ます。

1ついかがですか?

という流れ。

しかし、本当は順番が逆で更に最初にWHYが入っていなければいけないという事です。

正しくは、

  • 1・WHY→なぜコレをやるのか?を実現する為に
  • 2・HOW→このようにして使う製品が必要。
  • 3・WHAT→だからこんな製品が出来ました。

1ついかがですか?

という流れなんだと。

whyは、なぜそれをやるのか?人は、このwhyに共感して、行動するのだという事です。

  • なぜ朝起きて仕事に行くのか?
  • なぜ勉強しなければいけないのか?
  • 何のために?何を信じたらいいのか?

アップル社は、この「なぜやるのか」が明確でした。

「我々のすることはすべて、世界を変えるという信念のもと行っています」

私たちは世界を変える手段として、美しくデザインされ簡単に使えて、親しみやすい商品を創造しました。

こうして素晴らしいコンピューターが出来上がりました。

共感できますよね。

これは、why→how→whatの流れなんです。コレが示すのは、人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされているという事なのです。

競合会社などのほかの会社も同様の製品を作る技術力があるのですが、アップル社だけが売れているのです。なぜでしょうか?

それは、人は「なにを」ではなく「なぜ」に動かされるからなのです。

なぜやっているのか自分自身がわかってなければ、みんなを引き付けられるわけがないのです。

あなたは、なぜお店をやっているのですか?その「なぜ」がわかれば、あとはどのようにして、どうやってやるかだけなんです。

なぜ、やる気が出ないのか?

なぜ、あなたのもとで働かなければいけないのか?

それはそこで働く「なぜ」が分かるか、分からないかなんです。

自分がやりたいと思った事って、時間に関係なくやりたいですよね?コンプライアンスなんて関係なくやりたいですよね?

それは、つまり、部下やスタッフはその「なぜやるのか」を信じて動いていることなのです。

例えば

人を笑顔にしたい。という理由から始まった行動は、その為には、こういうサービスや料理、雰囲気が必要だった。だからこういうお店を作った。となります。

結果。「僕も!私も!その信念が好きだ!」という人が集まるんです。

そこに集まる理由があるんです。

まとめ。

やる気のない時は、笑顔を作って姿勢を正しガッツポーズを先にやってみる。

そうすると、脳が勝手にその状況を認識して、そのカラダの状態に脳が強制的に変化する。

そして、スタッフのやる気は、単純作業には報酬で作業効率を上げ、複雑でクリエイティブな作業には自分の課題として取り組めるように環境を作る。例えば20%の時間を完全に任せるとか

そして、そこで働く「真の理由(なぜやるのか?)」が明確に伝われば、みんなすぐにやる気になるはずですよ。

やっぱり、「心」が大事なんですよね。

ほんとですよ。

やる気の出ない人は、是非試してみて下さいね。

関連記事

人生で迷ったとき「最善で最高の決断」をすることで、激熱のチャンスを引き寄せる方法。

店長さんへ】人間関係の悩みを解決するとV字回復する本当の理由。

【現状打破】エゴイストな己に勝ち「心」の自由を得る方法。

takaのおススメのアイテムはこちら☟

あの世に聞いた、この世の仕組み 僕はこの人が大好きです。雲黒斎さん。目から鱗。勉強になります。

なぜ人は産まれて生きて死ぬのかが、分かりやすい解釈で解説されております。


またゼロポイントは、フェイスブックページと連動しております。

こちらからフェイスブック「Zero-pointすべての答えはゼロ地点にあった。」に飛んで「いいね」を押してフォローすると最新記事がUPされるようになります。

日本中の飲食店が元気になってほしいという思いから、一人でも多くの人にこの記事が行き届きましたら幸いです。

励みになりますので是非フェイスブックページで「いいね」or「シェア」をお願いいたします。

taka

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください