blog

【現状打破】エゴイストな己に勝ち「心」の自由を得る方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エゴイストな己に打ち勝ち「心」の自由を得る方法。

エゴとは「私の〇〇を守るための安全装置」です。

〇〇の中には、居場所だったり時間だったり立場だったりお金だったりイメージだったり存在だったり依存している対象だったりします。当てはめてみてください。

エゴとは、その安全装置が稼働している状態なのです。

ゆえに変化に恐れ、他人と自分をいつも比較し「私は特別な私」なんだといつも確認し続けているのです。

世界と切り離され孤独でいつも満たされない

 

 

「私」

 

 

それがエゴなのです。

スポンサーリンク

何か新しいことを始めようとすると・・・

変化に恐れ、過去からの苦い思い出を引っ張り出してくる。

それがエゴなのです。

そして「無理、無理、お前には無理だ、止めろ、止めろ」というのです。

「これを始めると、とんでもないことになってしまう可能性があるじゃないか!」と。

エゴは、起こりもしない恐ろしい未来を何度も何度もイメージの中で見せてくるのです。

ご自身の想像であったり周りの意見であったりと。

それは人間の脳の働きで「私を守ろうとする安全装置」という防衛機能が働くからなのです。

 

「これをやると、とんでもないことになるよ」とか、「これをすると損するよ」とか

 

変化を恐れ常に安全装置が過剰にフル稼働してしまうと、自分の心をコントロール出来なくなってしまうのです。

 

猜疑心が強くなる一方で他人のご意見や批判は、ご自分のイメージの中の意見や批判にもなるのです。

だってどうでもいいことなら聞き流せるでしょ?

ご自分の胸に刺さって響いているということは、ご自分の中でどうでもよくない事なのです。

ですので批判的なことや恐れていることは、ご自分の弱い部分なのです。

その恐れている正体は何か?

 

それは・・・

 

 

ご自分の、

 

 

 

過去のご自分の、

 

 

 

 

 

 

 

亡霊なのです!!

でも、もういいのです。もうあなたは子供ではないのです。

いままで十分な経験をしてきたじゃないですか。

これは熱いとか、これは危険とか、

そういう判断はもうできるのです。

だからもういいのです。

それは「今」判断することだからです。

ですから。

もう自由になっていいのです。

 

過去や未来に惑わされてはいけないのです。

 

「今」にないものは存在していないのですから。

ですのでその大事にしている安全装置はもう使わなくてもいいのです。

その安全装置を稼働させればさせるほど、過去と未来に囚われてしまうということに気が付いてください。 

いきなりその安全装置を捨てろ。と言われても捨てられないの、わかります。

ですので、とりあえず今は必要ないので一旦、あなたの心の引き出しの中にしまっておいてください。

安全装置が更にフル稼働すると、どうなるか?

未来の起きもしないことまで引っ張り出してきて思い病んでしまいマイナスのスパイラルに陥ります。

ですので過剰に稼働する前に早くその安全装置を心の引き出しの中に入れておいてくださいね。

この文明が始まって何千年と経ちましたが、いまだかつてどんなに偉い政治家や学者でも未来の事を予想できたことはなかったのです。

もし未来の事をしっかり予想ができていたら、こんな戦争だらけの世界にはなっていなかったはずです。よね?    

でも、過去から変化するのが不安なのも、未来がわからないから怖いのも分かります。

 

しかし、進まなければ道は開けませんよ。

 

 

そうです!変化を恐れず、未来に進まなければ道は開けないのです。

アドラーはこうも言っております・・・

それは、自分のエゴを理解するという事なのかもしれません。

結論。エゴイストな己に打ち勝つには。

あなたが勇気をもって、過去という自分の亡霊に打ち勝たなければ道は開けないのです!

いや。勝たなければいけないのです!

 

だいじょうぶ。

自由な心のあなたなら、必ず打ち勝てますよ。

自分を信じる自由な心があれば。

その自由な心はどこかに無くしてしまったのではないのですよ・・・

 

ずっとあなたの足元に・・・

 

いつも、今ここに自由な心はあったのですよ。


またゼロポイントは、フェイスブックページと連動しております。

こちらからフェイスブック「Zero-pointすべての答えはゼロ地点にあった。」に飛んで「いいね」を押してフォローすると更新ごとに記事が投稿されます。

励みになりますので是非フェイスブックページの「いいね」をお願いいたします。

taka

さ、今日も気楽にいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る